Posts tagged: VREDE

コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」– 憤怒 – (日本語)

IMG_3604

【コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」– 憤怒 –】デンマーク編

ピアニスト牧村英里子演出の七つの大罪を原案としたコンサートパフォーマンス「VREDE (憤怒)」が、来たる2018年11月15日~17日、コペンハーゲンのKoncertKirken にて3夜連続で上演さ れます。一昨年の「FRÅDSERI (飽食)」、昨年の「MISUNDELSE (嫉妬)」に引き続き、七つの大 罪シリーズ第三弾となります。

各国のアートプロジェクトのプロデューサー、ダイレクターでもある牧村英里子は、芸術シーンを牽 引するアーティストとしてスカンジナビア諸国をはじめ、ドイツ、ギリシャ、日本等、世界各地で精力的に活動しています。京都市立芸術大学並びに同大学院、ベルリン芸術大学、ハノーファー音楽大学に学び、日本・ヨーロッパにおいて数々のコンクールでの優勝歴のある牧村英里子は、2010年 より独自の新しいアートフォーム「コンサートパフォーマンス」「CHAMBER CABARET」を確立、 高い評価を受けています。

VREDEとは、日本語では「憤怒」と訳され、主にカトリック教会で言及される、人間を罪に導く可能 性があるとされる「七つの大罪」~7つの欲望や感情~ のうちのひとつです。「七つの大罪」はしばしば芸術のモチーフとして取り上げられ、ヨーロッパでは古くから多くの芸術家によって様々な解釈・表現がなされてきました。

私たちの社会に巣食う不均衡、不安定、いらだち、やりきれない不満、しかし怒りの形は千差万別です。内相的な憤怒の形もあれば、爆発的に燃え広がる憤怒もあります。


映像と音楽によって織りなすコンサートパフォーマンス「VREDE(憤怒)」では、Other Story制作の映画「Phyllis フィリス」(監督:Madeleine Kate McGowan)を上演いたします。デンマーク初公開となります。監督のMadeleine Kate McGowan氏はヨーロッパを代表する気鋭のアーティストで、映画制作のみならずさまざまなプラットフォームで環境や社会における自身の意見を映像やパフォーマンスを通して発信しています。

コンサートでは、観覧の皆さまの「憤怒」をご提供いただき、ひとりひとりの感情がピアノ演奏に反映されます。プログラムは、A.ゴスフィールドの「ブルックリン1941年10月5日」、牧村作曲「怒りの日の主題による変奏曲」など。

ご来場を一同心よりお待ち申し上げております。

【日時】:2018年11月15日(木)、16日(金)、17日(土) 20:00開演 (19:30開場)

【会場】KoncertKirken (Blågårds Plads 6A, 2200 København N)
【チケット:】一般150kr、学生80kr

オンラインチケット: https://billetto.dk/eriko-makimura-co

演出・ピアノ: 牧村英里子
照明デザイン: Sofia Iversson


お問合せ: 笠間妙子(広報)
kasamataeko@gmail.com

【映画「Phyllis フィリス」について】

短編映画「Phyllis フィリス」は、Other Story制作のドキュメンタリーシリーズ「Tribe of all colours」の2作目です。世の中の不条理に立ち向かうアメリカ先住民ラコタ族の女性、フィリス・ヤングに迫ります。

「Tribe of all colours」がフォーカスするのは、ミズーリ川の水を石油パイプラインから守るために戦ってきた人々です。


撮影はミズーリ川のとある支流で行われ、フィリス・ヤングは自身の部族や、石油パイプラインの会社ダコタ・アクセス・パイプライン社への抗議行動について語り、次世代へメッセージを贈ります。

フィリスという名前は、ラコタ族の名前で「ミズーリの水を守る女性」という意味です。

映画「Phyllis フィリス」

制作: Other Story

監督: Madeleine Kate McGowan

撮影: Peter Laugesen & Madeleine Kate McGowan

音響: Per Buhl Acs

音楽: Mike Little Bear

IMG_3398

WordPress Themes