コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」– 憤怒 – (日本語)

IMG_3604

【コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」– 憤怒 –】デンマーク編

ピアニスト牧村英里子演出の七つの大罪を原案としたコンサートパフォーマンス「VREDE (憤怒)」が、来たる2018年11月15日~17日、コペンハーゲンのKoncertKirken にて3夜連続で上演さ れます。一昨年の「FRÅDSERI (飽食)」、昨年の「MISUNDELSE (嫉妬)」に引き続き、七つの大 罪シリーズ第三弾となります。

各国のアートプロジェクトのプロデューサー、ダイレクターでもある牧村英里子は、芸術シーンを牽 引するアーティストとしてスカンジナビア諸国をはじめ、ドイツ、ギリシャ、日本等、世界各地で精力的に活動しています。京都市立芸術大学並びに同大学院、ベルリン芸術大学、ハノーファー音楽大学に学び、日本・ヨーロッパにおいて数々のコンクールでの優勝歴のある牧村英里子は、2010年 より独自の新しいアートフォーム「コンサートパフォーマンス」「CHAMBER CABARET」を確立、 高い評価を受けています。

VREDEとは、日本語では「憤怒」と訳され、主にカトリック教会で言及される、人間を罪に導く可能 性があるとされる「七つの大罪」~7つの欲望や感情~ のうちのひとつです。「七つの大罪」はしばしば芸術のモチーフとして取り上げられ、ヨーロッパでは古くから多くの芸術家によって様々な解釈・表現がなされてきました。

私たちの社会に巣食う不均衡、不安定、いらだち、やりきれない不満、しかし怒りの形は千差万別です。内相的な憤怒の形もあれば、爆発的に燃え広がる憤怒もあります。


映像と音楽によって織りなすコンサートパフォーマンス「VREDE(憤怒)」では、Other Story制作の映画「Phyllis フィリス」(監督:Madeleine Kate McGowan)を上演いたします。デンマーク初公開となります。監督のMadeleine Kate McGowan氏はヨーロッパを代表する気鋭のアーティストで、映画制作のみならずさまざまなプラットフォームで環境や社会における自身の意見を映像やパフォーマンスを通して発信しています。

コンサートでは、観覧の皆さまの「憤怒」をご提供いただき、ひとりひとりの感情がピアノ演奏に反映されます。プログラムは、A.ゴスフィールドの「ブルックリン1941年10月5日」、牧村作曲「怒りの日の主題による変奏曲」など。

ご来場を一同心よりお待ち申し上げております。

【日時】:2018年11月15日(木)、16日(金)、17日(土) 20:00開演 (19:30開場)

【会場】KoncertKirken (Blågårds Plads 6A, 2200 København N)
【チケット:】一般150kr、学生80kr

オンラインチケット: https://billetto.dk/eriko-makimura-co

演出・ピアノ: 牧村英里子
照明デザイン: Sofia Iversson


お問合せ: 笠間妙子(広報)
kasamataeko@gmail.com

【映画「Phyllis フィリス」について】

短編映画「Phyllis フィリス」は、Other Story制作のドキュメンタリーシリーズ「Tribe of all colours」の2作目です。世の中の不条理に立ち向かうアメリカ先住民ラコタ族の女性、フィリス・ヤングに迫ります。

「Tribe of all colours」がフォーカスするのは、ミズーリ川の水を石油パイプラインから守るために戦ってきた人々です。


撮影はミズーリ川のとある支流で行われ、フィリス・ヤングは自身の部族や、石油パイプラインの会社ダコタ・アクセス・パイプライン社への抗議行動について語り、次世代へメッセージを贈ります。

フィリスという名前は、ラコタ族の名前で「ミズーリの水を守る女性」という意味です。

映画「Phyllis フィリス」

制作: Other Story

監督: Madeleine Kate McGowan

撮影: Peter Laugesen & Madeleine Kate McGowan

音響: Per Buhl Acs

音楽: Mike Little Bear

IMG_3398

Koncertperformance “VREDE”

IMG_3066

 

【Koncertperformance “VREDE (Wrath)”】

-Following on the theme of Seven Deadly Sins-

Featuring: Other Story

November is a sinful month. This year “VREDE (Wrath)” will be presented explosively with music and film at KoncertKirken.

We are extremely honored to screen Other Story’s film “Phyllis” (The description about the film is found below).

“Variations on the theme of Dies Irae (the day of Wrath)” composed by Eriko Makimura will be premiered. She will collect the audience’s “wrath” and insert the explosive emotions into the piano.

Some authorities say that wrath is social criticism. However, do we really need to define intellectually what wrath means? We will keep tranquility about it until we explode on the stage.

More info coming up soon on our Facebook Page. Stay tuned!

Venue: Koncertkirken (Blågårds Plads 6A, Copenhagen)
Dates: 15-16-17, November, 2018
Time: 20:00 (doors 19:30)

【Casts】
Eriko Makimura: concept maker, artistic director and pianist
Sofia Ivarsson: lighting designer
Taeko Kasama: photo and graphic, assistant manager

【Other Story】
Film title: Phyllis
Produced by Other Story
Edit: Madeleine Kate McGowan
Camera: Peter Laugesen & Madeleine Kate McGowan
Sound: Per Buhl Acs
Singing: Mike Little Bear

【Tickets】
Adults: 150DKK
Students: 80DKK

online tickets:
https://billetto.dk/da/e/koncertperformance-vrede-de-syv-dodssynder-billetter-306422

Program】

⚫︎Dies Irae Ⅰ
・WRAH 1
Bless And Do Not Curse (improvisation)
・Dies Irae Ⅱ
⚫︎WRATH 2
A. Gosfield: Brooklyn October 5, 1941
・Dies Irae Ⅲ
⚫︎WRATH 3
E. Makimura: Variations on the theme of Dies Irae (premiere)
・Dies Irae Ⅳ
⚫︎WRATH 4
F. Rzewski: Winnsboro Cotton Mills Blues
・Dies Irae Ⅴ
⚫︎WRATH 5
F. Liszt: Hungarian Rhapsody No.2

IMG_3541

【Phyllis】

IMG_2996
This Other Story short-film, with Phyllis Young of the Lakota tribe from Standing Rock, is a part of the second series of Other Story films, Tribe of all Colors – intimate film-portraits of people who are investing themselves in the fight for this planet.
In these short documentaries, we get close to people who fight to protect the water flowing in the Missouri River, from oil-leaks in the Dakota Access Pipeline construction.

 

Other Story met Phyllis Young by a side-stream to the Missouri River, and sat down with her by the water, to talk about ancestors, her experience of the uprising against the Dakota Access Pipeline, and about her message to the young people of today going into the future. Phyllis’ Lakota name is ‘Woman who Stands by the Water’.

 

IMG_3066

コンサートパフォーマンス「ときはいま」舟漕ぎ出さむと月待てば之巻

IMG_2593

【9月28日16時更新】

皆さま

いつもアートコレクティブ「ときはいま」をご支援下さいまして、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

明日9月29日(土)、18:00開演の岩屋神社さまでの公演 〜舟漕ぎ出さむと月待てば之巻〜 ですが、公演前後の天候は現時点(9月28日16時) によりますと弱雨となっており、公演決行を予定しています。

終演後に雨が強まりました場合、ご希望の方がいらっしゃいましたら、岩屋神社さまからJR・山陽電車明石駅まで、お車でお送りする手筈を整えております。

公演に向けて、長きに渡り準備を重ねて参りました。こころを合わせて本番に望みたく存じます。どうか宜しくお願い申し上げます。

なお、中止等変更になる場合は、決定次第ご報告いたします。
アートコレクティブ「ときはいま」一同より


JR西日本運行状況:
https://trafficinfo.westjr.co.jp/sp/kinki.html

山陽電車運行状況:
http://www.sanyo-railway.co.jp/sp/

 

◼️コンサートパフォーマンス「ときはいま」◼️


コンサートパフォーマンス「ときはいま」は、小中学校時代の同級生で幼なじみの神戸新聞記者、金山成美さんが「時」と「海」をテーマに明石総局在籍時に取材、執筆し、2017年6月に出版された「あかし本」(神戸新聞明石総局編)を原案に、ゼロから台本を起こして舞台化していくプロジェクトです。現在から未来へとつながる、明石を縦断する子午線の如く一本軸の通った舞台を、ピアノ演奏とパフォーマンスアートを織り交ぜた内容で展開。毎回、独自のドラマ性に満ちた演出と斬新なアプローチで、自然の営み、人々の在り方、故郷への憧憬にスポットを当て、鋭く掘り下げて表現していきます。


2017年11月3日、兵庫県明石市の明石城櫓横で「ときはいま」第1弾 〜明石城人魚之巻〜を開催。櫓横の展望台に私物のグランドピアノを運び込み、冒頭は明石5漁協の組合長が出演し、魚を生きたまま競りにかける思い切った演出を敢行しました。西の海に棲む人魚が明石沖に漂着し、競りにかけられる設定で始まった舞台は、刻々と移りゆく秋空の壮大なパノラマビューの背景と一体化して、一幅の絵のようだったと満席のお客様からありがたいお言葉を頂戴しました。また、2018年3月31日は明石市の国登録有形文化財である中崎公会堂にて第2弾〜明石沖に漂う之巻〜、6月16日には兵庫県水産会館にて第3弾〜紫陽花咲きやがて橋渡らむ之巻〜を開催し、満員御礼の栄誉に浴しました。
水産、観光、流通など、地元産業と芸術を一体化させて、共に舞台を創り上げていく。この斬新な試みに多くの方々が賛同して下さり、地元でしか出来ない、地元だからこそ可能な内容となっています。

 

◼️コンサートパフォーマンス「ときはいま」第4弾〜舟漕ぎ出さむと月待てば之巻〜◼️


「ときはいま」第4弾 〜舟漕ぎ出さむと月待てば之巻〜。本公演を9月に岩屋神社で開催させて頂くと決まった時、万葉集の歌人、額田王(ぬかたのおおきみ)の


熟田津(にきたつ)に 船乗りせむと月待てば 潮(しほ)もかなひぬ今は漕ぎ出でな


という歌が真っ先に浮かびました。海の安全や豊漁、無病息災を祈願する行事「おしゃたか舟神事」を伝承し続ける岩屋神社、そして中秋の名月の長月。公演日に、月は明石の海を煌々と照らすでしょうか。

◾️2018年9月29日(土)
開演:18:00 (17:30 開場)

◾️会場:岩屋神社
(明石市材木町8-10)
JR・山陽明石駅から南西へ徒歩10分

◾️プロデューサー・アートディレクター
牧村 英里子(ピアニスト)

◾️原案/ 「あかし本」神戸新聞明石総局編 (記者/金山成美)

◾️舞台監督:乃一 久

◾️ テクニカル:豊福 司 ( (株) ISS )

◾️入場料:大人4,000円/学生2,000円(当日500円増)
未就学児のご入場はご遠慮ください。

◾️主催 :(公財)明石文化芸術創生財団/アートコレクティブ「ときはいま」

◾️後援 :明石市漁業組合連合会 /(一社)明石観光協会 /(公財)兵庫県園芸・公園協会/(公財)兵庫県芸術文化協会/神戸新聞社/サンテレビジョン

◾️助成:公益財団法人神戸文化支援基金

◾️お問合せ:明石文化芸術創生財団
www.accf.or.jp
078-918-5085

◾️プログラム
P. チャイコフスキー: 舟歌

E. サティ: グノシエンヌ第1番、第4番 (ときを同じく)

C. ドビュッシー: 月の光

警蹕 (けいひつ)         他

IMG_2592

 

Photos: Kazunari Matsuda

Graphics: Taeko Kasama

 

コンサートパフォーマンス「ときはいま」青の玻璃球子午之巻

IMG_3274

◼️コンサートパフォーマンス「ときはいま」第5弾 〜青の玻璃球(はりだま)子午之巻〜 ◼️

Concert Performance Series “Toki Wa Ima” Vol.5 sponsored by Kobe Newspaper Cultural Foundation and Kobe Newspaper

コンサートパフォーマンスシリーズ「ときはいま」は、遂に神戸新聞松方ホールにて第5弾を迎える運びとなりました。これまでの総集編であると共に、新たな挑戦への始まりでもあり、音楽・演劇・映像の総合芸術の粋を極めたいと、チーム一同、創造力と技術の結集に努める日々です。

皆さま、2019年1月19日(土)はぜひ松方ホールへ!チケット発売中です。

◾️プロデューサー・アートディレクター
牧村 英里子(ピアニスト)

◾️原案/ 「あかし本」神戸新聞明石総局編 (記者/金山成美)

◾️舞台監督:乃一 久

◾️音響:豊福 司 ( (株) ISS)

◾️日時:2019年1月19日(土)
開演:18:00 (17:30 開場)

◾️会場:神戸新聞松方ホール
(JR神戸駅、地下鉄ハーバーランド駅より徒歩約8分)

◾️チケット
入場料(自由席):大人4,000円、学生2,000円(当日500円増)
(未就学児のご入場はご遠慮ください。)

・松方ホール友の会会員:3,500円(前売のみ、松方ホールチケットオフィスでのみ取り扱い)
・松方ホールチケットオフィス:078-362-7191(10:00~17:30 日・祝休業)
・松方ホールオンラインチケット: https://www.kobe-np.co.jp/matsukata/
・ローソンチケット:0570-084-005
Lコード:52297
・神戸国際会館プレイガイド:078-230-3300

◾️主催:神戸新聞社/(一財)神戸新聞文化財団/アートコレクティブ「ときはいま」

◾️後援:兵庫県/(公財)兵庫県芸術文化協会/神戸市/神戸市教育委員会
(公財)明石文化芸術創生財団/明石市漁業組合連合会/(一社)明石観光協会
(公財)兵庫県園芸・公園協会/サンテレビジョン
◾️協力:兵遊協・はぁ〜とふるふぁんど

◾️神戸市芸術文化活動助成対象事業

 

◼️コンサートパフォーマンス「ときはいま」◼️

コンサートパフォーマンスシリーズ「ときはいま」は、小中学校時代の同級生、神戸新聞記者の金山成美さんが「時」と「海」をテーマに明石総局在籍時に取材、執筆し、2017年6月に出版された「あかし本」(神戸新聞明石総局編)を原案に、ゼロから台本を起こして舞台化していくプロジェクトです。現在から未来へとつながる、明石を縦断する子午線の如く一本軸の通った舞台を、音楽、演劇、映像を織り交ぜた内容で展開。ドラマ性に満ちた独自の演出と斬新なアプローチで、自然の営み、人々の在り方、故郷への憧憬に焦点を当て、鋭く掘り下げて表現していきます。


2017年11月3日、兵庫県明石市の明石城櫓横で「ときはいま」第1弾 〜明石城人魚之巻〜を開催。櫓横の展望台に私物のグランドピアノを運び込み、冒頭は明石5漁協の組合長が出演し、魚を生きたまま競りにかける思い切った演出を敢行しました。西の海に棲む人魚が明石沖に漂着し、競りにかけられる設定から始まる公演となりました。また、2018年3月は明石市の国登録有形文化財である中崎公会堂にて第2弾〜明石沖に漂う之巻〜、6月には兵庫県水産会館にて第3弾〜紫陽花咲きやがて橋渡らむ之巻〜、9月には岩屋神社にて第4弾 〜舟漕ぎ出さむと月待てば〜を開催。


水産、観光、流通など、地元産業と芸術を一体化させて、共に舞台を創り上げていく。この斬新な試みに多くの方々が賛同して下さり、ふるさとでしか出来ない、ふるさとだからこそ可能な演目となっています。


◼️青の玻璃球子午之巻◼️
「ときはいま」第5弾 〜青の玻璃球子午之巻〜。青の玻璃球(はりだま)、すなわち地球にかかる子午線。目には見えない「時」を、それぞれの地に住む人々がそれと意識せぬまま共有しています。東経135度の子午線が走る兵庫県明石市から始動したこのプロジェクトは、第5弾を迎えて、四季折々のふるさとの美しさ、時の移ろい、自然の尊さ、そこに生きる人々の模様を、神戸新聞松方ホールの舞台で色鮮やかに描き出していきます。プログラムは、F. ショパンの「舟歌」、P. チャイコフスキー: 「四季」、M. ラヴェルの「ボレロ (マキムラ編)」他。

◼️牧村英里子プロフィール◼️
兵庫県立長田高等学校出身。 京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科を首席卒業。京都音楽学部賞、京都音楽協会賞受賞。同大学大学院卒業。在学中、ABCオーディション合格。

ベルリン芸術大学、ハノーファー音楽大学にて研鑽を積む。 第2回室内楽コンクール(イタリア)デュオ部門優勝、ペンデレツキー国際コンクール(ポーランド)部門優勝及び総合優勝。第2回ヨーロッパ室内楽コンクール(ドイツ)で優勝。聴衆賞も合わせて受賞。ヨーロッパ室内楽協会(ECMA)の会員試験に合格。

2010年、デンマークの童話作家アンデルセン縁の地にて、アートディレクターを務める。独自のアートフォーム「CHAMBER CABARET」「コンサートパフォーマンス」を確立し、現在に至るまで世界各国で創作活動を精力的に続けている。

2017年、デンマークのオーフス市が欧州文化首都に選定され、それを受けて記念公演に招かれ、2夜連続で演奏。

コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」を日本と欧州で展開。日本では3年半に及ぶ全7公演を成し遂げた。欧州では2016年より「七つの大罪 −デンマーク編–」が始動。2022年までの公演が決まっている。

2018年、海外・日本で多くの新作を上演。在ドイツ・デンマーク大使館(ベルリン)を始め、欧州の芸術祭にも多数参加。

神戸新聞WEB版NEXTにて、コラム「一日一エリコ 〜ピアニスト牧村英里子と世界のヒトビト〜」を連載中。また、紙面「随想」のコーナーを9月より担当予定。

Photo: Kazunari Matsuda
Graphic: Taeko Kasama

IMG_3274

WordPress Themes