Category: Uncategorized

【2023年3月4日 ドキュメンタリー・トークショー・コンサート 日本が見つけた、ヨーロッパの心】

photo: Sigrun Gudbrandsdottir

【日時】

2023年3月4日(土) 14:00開演 (13:30開場)

【会場】

神戸新聞 松方ホール (神戸情報文化ビル 4階)

【主催】

株式会社アジアンドキュメンタリーズ

BEING ERIKO 企画委員会

【後援】

兵庫県

神戸新聞社

【協賛】

神戸いのちの電話

【協力】

兵庫県漁業協同組合連合会、(公財)明石文化国際創生財団、(一社)明石観光協会、明石市立天文科学館、岩屋神社、(公財)兵庫県園芸・公園協会、兵庫県立明石公園、あかし玉子焼ひろめ隊

【チケット】

大人4,000円 学生 1,000円 (全席自由)

【チケット購入・お問合せ】

tel: 080-3862-4400 

mail: 77deadlysins77@gmail.com

※チケットをご希望の方は、お電話か、「お名前」と「チケット希望枚数」を記入して上記メールアドレス宛にお送りくださいませ。

【イベント詳細】

①ドキュメンタリー映画「BEING ERIKO」上映 。作品は、コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭2020「ノルディックドキュメンタリー賞」を受賞し、このたび初めて日本での上映会となる

②デンマーク人アーティストで牧村英里子の親友、ボー/ラモーナさん(カンヌ国際映画祭受賞者)を迎えてのトークショー

③ドキュメンタリー映画関連音楽のコンサート

【ドキュメンタリー映画について】

繊細かつ大胆、かつ赤裸々に自分自身を解放しようとする世界的ピアニスト・前衛パフォーマー、牧村英里子の挑戦。

デンマーク、ドイツ、ポーランド、そして日本――。ドキュメンタリーのキャメラは、欧州を中心に活躍する牧村英里子のすべてを追った。芸術的才能を伸ばすための容赦ない鍛錬、社会的常識を超えた挑戦、人間の生々しい感情に満ちたステージ、引き込まれていく観客、自由をつかむための生き様、彼女を支える仲間たち。ひたむきに表現を極めていく表現者の内なる葛藤。あまりに情熱的なピアノの旋律が、映像に溶け合いながら、幾つものメッセージを奏でていく。

生まれ故郷・兵庫県で行われたコンサートパフォーマンスや、明石公園の満開の桜、JRの車窓から見える神戸の街並み、東経135度の日本標準時子午線にある明石市立天文科学館でのモノローグは、まさに彼女の原点を浮かび上がらせる。

【主演】

牧村英里子

コンサートピアニスト、ステージパフォーマー

兵庫県立長田高等学校出身。京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科首席卒業。京都音楽学部賞、京都音楽協会賞受賞。同大学大学院にて修士課程修了。ベルリン芸術大学に入学。さらに、ハノーファー音楽大学のソロクラスにて研鑽を積む。第11回国際室内楽コンクール(ポーランド)で総合優勝。また、第2回ヨーロッパ室内楽コンクール(ドイツ)で優勝。合わせて聴衆賞受賞。

2021年、コペンハーゲンの劇場、Sort/Hvid のシーズンオープニングアーティストに選出され「Dies Irae」を発表。またストックホルムにて「Eriko – A Woman Who Can’t Say No」を初演。2022年、スウェーデン文化財団の助成を受け、国立文化劇場にて主役に抜擢される。ボー/ラモーナの親友。

【スターゲスト】

ボー・ハーゲン・クラウセン/ラモーナ・マッチョ

パフォーマー、歌手、人形劇マスター、アニメーション監督

1999年、カンヌ国際映画祭にてアニメーション映画「Little Big Dog」で受賞。

20年以上にわたり、ドラッグ クイーン「ラモーナ・マッチョ」として数多くの舞台に出演。

2016 年、コペンハーゲン・ステージで自伝的なミュージカルパフォーマンス「transalvation」を公演。影劇、パペット、アニメーションの技術を駆使し、ステージパフォーマーとして自身の物語を表現し、各メディアに絶賛された。

また、シンガーとしてのラモーナは、表現豊かな歌声で聴衆を魅了。8年にわたり、子供たちや青少年合唱団と一緒に教会とコラボレーションしながら活動を続けている。この活動が評価され、2020年、デンマークのLGBTQ文化賞にノミネートされた。2023年、初来日。

Photo Documentation of LYST/LUST

photo: Carsten Sparwath
photo: Helle Arensbak
photo: Helle Arensbak
photo: Helle Arensbak
photo: Helle Arensbak
photo: Dan Simon
photo: Helle Arensbak
photo: Helle Arensbak
photo: Grethe Behncke Andersen
photo: Sigrun Gudbrandsdottir
graphic: Mathilde Thorup

My biggest thanks to artist/lighting designer and soulmate Sofia Ivarsson 🙏

Sofia Ivarsson: https://noga.design

Frida Barfod × Ramona Macho’s mask × Eriko Makimura by Rita Blue

Photography: Rita Blue
Hats: Frida Barfod https://www.fridabarfod.com
Assistants:

@theinfiniteprocess @that.danish.girl
@elisabeth_victoria_friis
Make up: Ramona Macho

Styling and Model: Eriko Makimura
Location: Arne Akael venue

https://www.arneaksel.com

(What a beautiful boutique… it is my/our own Shangri-la 💙)

【Celebration of the Grand Finale on 20.11 with Ramona Macho 】

We are going to wrap our seven-year-project Concert Performance Series “Seven Deadly Sins” and would love to celebrate with you on Sunday the 20th!!

After a performance LYST/LUST on Sunday, we will throw an after party and everyone’s darling Ramona Macho will sing! What an honor!! Ericoconutcase will accompany her with joy 🥥🌴. 

⚘ Koncertperformance LYST ⚘

Grand Finale on 20.11 (Sun.) 18:00 

After party/concert with Ramona Macho

Note: Ramona will sing only on Sunday after the performance LUST/LYST  ❤️

Tickets: https://billetto.dk/e/koncertperformance-lyst-de-syv-dodssynder-billetter-663579?fbclid=IwAR0l_w7c2Dtc8UqBGP74ZWi2SvQ0xKDa-tpPa1r60D1Jgw2fayyqpyzYKh4

always with

lighting designer/artist: Sofia Ivarsson

visual designer: Mathilde Thorup

WordPress Themes