Posts tagged: SLOTH

Photo Reportage of DOVENSKAB/SLOTH/怠惰

Ritual Ⅰ

Torturing the dead (sick)


【AN ABSOLUTE DISASTER】

“Eriko Makimura’s performance last night was an absolute disaster. A disgrace for the world of classical music. She had no respect for her audience in the way she mistreated Beethoven’s masterpiece. She is a self-proclaimed professional pianist whose talent is fading. Makimura does not belong in the music industry and is not worth your time.”

– Rasmus Rasmussen –

【史上最悪の公演】

“昨夜の牧村英里子氏の公演は惨憺きわまるものであった。クラシック音楽界の恥の骨頂。偉大なるベートーヴェンの傑作に対する氏の無知な解釈は観客に対して非礼以外の何ものでもない。いわゆる「自称音楽家」の輩であり、その才能とやらは枯渇してしまっている。牧村氏はもはや音楽界に属すに値せず、観客は彼女の演奏を聴くことに時間を割くべきではない”

– ラスムス・ラスムセン –

Ritual Ⅱ 
The evidence & the death sentence

Ritual Ⅲ

Delusional temporarily mental peacefulness by anti-anxiety chemicals 


Ritual Ⅳ
Intermezzo (Hypnotized in your own pink bubble)

Ritual Ⅴ
Farewell to all addiction which made her a delusional dopy saint. Face to nowness

(lighting design: Sofia Ivarsson)

(photos: Kristina Ahm)

(illustrations: Mathilde Thorup)

Enough is enough. The pianist was here and she was overthrown by an overdose of sloth. The pianist will be reincarnated next year from the womb of another deadly sin.

A sincere thanks to the William Demant / Oticon Foundation for sponsoring this years concert performance: DOVENSKAB/SLOTH/怠惰.

Want to receive news about the coming deadly sins, and surprises in between now and november 2020? Join our mailing list here:

https://mailchi.mp/f07c4ea0e677/sigup

Concert Performance DOVENSKAB/SLOTH/怠惰


(English Text by Sofia Ivarsson 🙏)

The third week of November is almost here. Isn’t that the best time of the year to indulge in endless laziness? At least- that must be a perfect reason to drag your most lazy selves out to see Eriko Makimura & Co perform, perceive and pursue the deadly sin we named SLOTH.


The fundamental question is whether laziness still serves a purpose as a deadly sin, or if it rather has become a survival mechanism, that we all desperately need in order to go on living.


The pianist is a sad case, since giving in to laziness would mean the end of her career. So we wonder, could we create a new world order, where SLOTH no longer equals death, where even the world famous pianist from Japan could enjoy a few moments of laziness without guilt?

Come and see by yourselves!

Get your tickets here: https://billetto.dk/e/koncertperformance-dovenskab-de-syv-dodssynder-billetter-387548

(日本語)
【怠惰】…。ピアニストにとって、怠惰に流れることは「キャリアの死」を意味します。或るひとりのピアニストの心が社会的抑圧のなか次第に脆弱になったゆえ、そこから怠惰・無気力・無関心が引き起こされ、社会生活との断絶、生命の瓦解、精神の崩壊が始まる。しかしその先にある小さな灯明を求めて、彼女は立ち上がろうと足掻きます。渾身のチームワークで創り上げた時にシリアス、時に絶望的、時にファンキー、時にサイケデリックな公演、ぜひご覧下さいませ。舞台にてお待ちしております💋。

Concert Performance Series “Seven Deadly Sins” Vol.6 SLOTH

image

【Concert Performance Series “Seven Deadly Sins「七つの大罪」” Vol.6 SLOTH/怠惰編

SLOTH/LAZINESS/BUREAUCRACY/BOREDOM

Eriko Makimura is too lazy to serve rice in a bowl so that she directly eats it from a rice cooker… Eriko Makimura & Co. has already started preparing for concert performance series “Seven Deadly Sins” Vol.6 SLOTH!

上の写真は、良家に嫁いだ (少々トウのたった) 新妻風のエリコが、ご飯をお茶碗によそうのも面倒で炊飯器から直接食べるという、怠惰極まりない1枚。 怠惰編でも大暴れします。

✳︎✳︎✴︎✳︎✳︎✳︎

 

コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」Vol.6 怠惰編は、2017年7月12日(水) 19:00より、兵庫県立芸術文化センター、神戸女学院小ホールにて開催されます。

Vol.1 「憤怒編」Vol.2 「欲望編 」Vol.3「嫉妬編」Vol.4「高慢編」Vol.5 「強欲編」を経て、罪もまた1つ重ねて、シリーズ第6回目となる「怠惰編」を迎える運びとなりました。

怠惰を象徴する生き物は「熊」。地位・富・名誉の全てを兼ね備えた夫を手に入れたはずの新妻エリコなのに、「… 何かが違うのよね…」と、早くも結婚生活に倦(う)み始め、怠惰の化身である熊に脳から額を侵されていく様子を1枚のイメージに収めたものがポスターとなっています。

「怠惰」である事とは例えて言うなら、日々の生活への倦怠、お役所的仕事(ルールにひたすら身を低くして従うのみで、クリエイティビティゼロ)、向上心硬直状態、反吐が出そうなほど馬鹿馬鹿しいマニュアルを繰り返す行為、有言不実行、理想の瓦解をそのまま放置… 等々、数え上げればキリがありません。これらの要素を全て凝縮して、パフォーマンスに組み込む所存です。怠惰の間逆である、発狂寸前の「超勤勉」に挑戦すべく、或るプロジェクトも同時進行していますので、今まで以上に異色のprogramとなりそうです。

また、近々ゲストパフォーマーについてのお知らせもご報告させて頂きます。

それでは、七つの大罪チーム一同、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。どうぞお楽しみに!

Eriko Makimura & Co.

Photo and Graphic: Taeko Kasama

【Date/日時】
2017年7月12日(水) 19:00 開演 (18:30開場)

【Venue/場所】
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

【Tickets/入場料】

一般: 4,000円 (当日4,500円)

学生: 3,000円 (当日3,500円)

【Contact/チケットお問い合わせ】

mail: 77deadlysins77@gmail.com

または

tel: 080-3862-4400 (Eriko Makimura & Co.)

✳︎オンラインでのチケット購入も、近日中に可能となります。

IMG_5399

 

 

WordPress Themes