Posts tagged: ピアニスト

コンサートパフォーマンス「ときはいま」リハーサル

初リハーサル at 明石城

IMG_8977

 

IMG_8961

 

IMG_8980

 

IMG_8968

 

IMG_9028

(photos: Akiko Sugimoto)

Concert Performance “Japanese Chamber Cabaret”

Eriko Makimura er japansk pianist og sammen med din danser fortæller de om tidens trends i Japan gennem musik og dans.

Eriko Makimura er japansk pianist og sammen med din danser fortæller de om tidens trends i Japan gennem musik og dans.

(Photo by Helle Arensbak)

【Eriko Makimura presents Japanese Chamber Cabaret】

In English: (Danish text below)

Eriko Makimura presents Japanese Chamber Cabaret, a concert performance with guest performer, Yoshiaki Iwao.

The award-winning, Japanese classical pianist Eriko Makimura, challenges to expresses the Japanese domestic contradictory phenomenon throughout a dramatic and unique experimental approach to the classic concert format. As a woman who grew up and received super strict education in Japan and has lived in Europe for more than 15 years, she observes with her third eye Japanese current social situation as an insider and outsider.

Guest performer/dancer Yoshiaki Iwao will represent the present-day man, who suffers from the disconnect of being a traditional Japanese male, and the social expectations of the 21st century.

・Japanese Chamber Cabaret・

“Running a family is like a business: a manufacture industry”, a Japanese friend of pianist Eriko Makimura said. Education costs a lot, as Japan is still an academic background-oriented society. Kids go to cram school after public/private school and study there till midnight. A lot of after school activities are also required. Parents are super busy driving them all around. Hiring babysitters is not very common yet in Japan, so if women want to work, the only choice is to ask grandparents to take care of the kids.

The birth rate is dropping severely due to these conditions. Speaking of grandparents, families are supposed to take care of them at home, when they get older. Japanese average life span is the longest, but it doesn’t mean, that old people live healthily in their later years.

A statistic says that approximately 7,2 million females are full time housewives in Japan. Statistically it says that Japanese women’s social positions are rather low in comparison to other countries and the Japanese government is encouraging women’s participation in society which doesn’t seem to be working so well.

 

Yet, despite of all the demands and social pressure, are Japanese women unhappy to be housewives? Isn’t it their choice to be a housewife?

Outside of Japan insists that equality between men and women is a necessary and sufficient condition. However, in Japan, all the house-hold responsibilities, including economical part, is under control of women. Men receive little pocket money from their wives, even though most of income is supplied by men.

Very much looking forward to seeing all of you in Dome of Visions!

Eriko Makimura/Pianist

IMG_5882

in Danish:

Eriko Makimura præsenterer Japanese Chamber Cabaret, en koncertperformance med gæsteperformer og danser, Yoshiaki Iwao.

Den prisbelønnede, japanske klassiske pianist, Eriko Makimura, udfordrer og udtrykker det japanske indenlandske selvmodsigende fænomen gennem sin dramatiske og unikt eksperimenterende tilgang til det klassiske koncertformat. Som en kvinde, der voksede op og tog en streng uddannelse i Japan og har boet i Europa i mere end 15 år, observerer hun med sit tredje øje den aktuelle japanske sociale virkelighed som både insider og outsider.

Gæsteperformer og danser, Yoshiaki Iwao, vil repræsentere den aktuelle samtidsmand, der lider under at være frakoblet den traditionelle japanske mand og det 21. århundredes sociale forventninger.

・Japanese Chamber Cabaret・

“Running a family is like a business: a manufacture industry”, sagde en japansk ven af pianisten Eriko Makimura. Uddannelse koster meget, da Japan stadig er et samfund, der er orienteret mod at have en akademisk baggrund. Børn går på skole efter skole og studerer der helt indtil midnat. Der kræves også en masse aktiviteter efter skoletid. Forældre har travlt med at køre børn rundt alle vegne! Brug af babysittere er ikke særlig almindelig i Japan – endnu, så hvis kvinderne ønsker at arbejde, er den eneste mulighed at spørge, om bedsteforældrene vil tage sig af børnene.

Fødselstallet i Japan er alvorligt faldende på grund af disse forhold. Og a propos bedsteforældrene, så er det meningen, at familien skal tage sig af dem derhjemme, når de selv bliver ældre. Den japanske, gennemsnitlige levetid er meget lang, men det betyder ikke, at ældre mennesker lever sundt i deres senere år.

Cirka 7,2 millioner kvinder i Japan er husmødre. Statistisk betyder det, at japanske kvinders sociale position er temmelig lav sammenlignet med andre lande. Den japanske regering forsøger at fremme kvinders deltagelse i samfundet, men det lader ikke til at virke efter hensigten.

Alligevel, trods de mange krav og det sociale pres, er japanske kvinder så ulykkelige over at være husmødre? Er det ikke deres valg at være husmor?

Uden for Japans grænser fastholder man, at ligestilling mellem mænd og kvinder er en nødvendighed og en tilstrækkelig betingelse. Men i Japan er alle ansvarsområderne i husstanden, herunder den økonomiske del, kontrolleret af kvinder. Mændene får lidt lommepenge fra deres koner, selvom størstedelen af indkomsten leveres af mændene.

Eriko Makimura vil udfolde dette japanske indenlandske selvmodsigende fænomen gennem en performativt, teknisk og dramatisk koncertperformance.

KH,

Eriko Makimura/Pianist

 

【The Dates】17th and 18th of May, 2017 at 20:00

【The Venue】DOME OF VISIONS PIER 2 INGE LEHMANNS GADE 8000 AARHUS C

【Tickets:】
https://billetto.dk/da/e/japanese-chamber-cabaret-billetter-191933
【Dome of Visions page】
17th of May: http://domeofvisions.dk/event/japanese-chamber-cabaret/
18th of May: http://domeofvisions.dk/event/japanese-chamber-cabaret-2

【More Info about Eriko Makimura and Yoshiaki Iwao】
http://www.erikomakimura.com/2017/04/the-profiles-of-eriko-makimura-and-yoshiaki-iwao/

【Program】

●1st half●

E. Satie: Gnossienne No.4 (Music Box)

S. Prokofiev: Cinderella going to the Ball

F. Chopin: Waltz No.1

E. Makimura: Masochistic Tango

E. Satie: Gnossienne No.1

Fire Worship

F. Rzewski: Winnsboro Cotton Mill Blues

-Internission-

●Second Half●

Shamans (Japanese Chamber Cabaret)

H. Cowell: Three Irish Legends

E. Makimura: Sadistic Tango

A. Gosfield: Brooklyn, October 5, 1941

F. Chopin: the 3rd and the 4th movements from Piano Sonata No.3

I. Stravinsky/E. Makimura: Massacre du mon mari
IMG_6262

Millions Thanks to photographer Yuji Nakayama and Taeko Kasama!!!

 

Celebrating the 150th Anniversary of Japan-Denmark diplomatic relations in 2017 official event
2017年 日本・デンマーク外交関係樹立150周年公式認定イベント

 

 

IMG_7419

コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」Vol.6 怠惰編

IMG_5503

(Photo and Graphic: 笠間妙子)

【コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」Vol.6 怠惰編】

Concert Performance Series “Seven Deadly Sins Vol.6 SLOTH (English text coming up soon)

Vol.1 「憤怒編」Vol.2 「欲望編 」Vol.3「嫉妬編」Vol.4「高慢編」Vol.5 「強欲編」を経て、罪もまた1つ重ねて、7月12日(水)に兵庫県立芸術文化センター小ホールにて、シリーズ第6回目となる「怠惰編」を迎える運びとなりました。
怠惰を象徴する生き物は「熊」。地位・富・名誉の全てを兼ね備えた夫を手に入れたはずの新妻エリコなのに、「… 何かが違う…」と、エプロン・ゴム手袋をだらしなく着けながら早くも結婚生活に倦(う)み始め、怠惰の化身である熊に脳から額を侵されていく様子を1枚のイメージに収めたものが、ポスターとなりました。

 

 

「怠惰」である事とは例えて言うなら、日々の生活への倦怠、いわゆるお役所的仕事(ルールにひたすら身を低くして従うのみで創造力を埋葬)、向上心硬直状態、うんざりするほど馬鹿馬鹿しいマニュアルを繰り返す行為、有言不実行、理想の瓦解をそのまま放置… 等々、数え上げればキリがありません。

 
これらの要素を全て凝縮して、パフォーマンスに組み込む所存です。また、怠惰の間逆である発狂寸前の「超勤勉」に挑戦すべく、或るプロジェクトも同時進行させてこの怠惰編で発表する予定です。今まで以上に異色のプログラムとなりそうです。

 

「Shamans: 或る日本の家庭の場合」は脚本から振付、ドラマツルギー全てをゼロから創作したオリジナル中のオリジナルのパフォーマンスです。どうぞご期待下さいませ。
ゲストには、演出家/ダンサー/コレオグラファーの巖(いわお)良明氏を迎えます。

 

 

それでは、七つの大罪チーム一同、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
牧村 英里子

 

オンラインチケット(eplus): http://pinoko.eplus.jp/eplus/eplus.jp/m/msys/main.jsp

Concert Performance “The Fire of Prometheus” on 20th of May


The Concert Performance “The Fire of Prometheus”

コンサートパフォーマンス「プロメテウスの火」

image

(Photo: Anna Petri)

 

ギリシア神話世界の男神の1人、プロメテウス。ゼウスの反対を押し切り、天地創造の力を持つ「神の火」を盗んで、人類に与えるというタブーを犯した神である。ヒトはプロメテウスから火という恩恵を受け、文明とその進化を推し進めてきたが、同時にその火を使って、戦争と破壊を繰り返すという愚の骨頂に到った…。

その崇高なる輝ける焔の美、一方で全てを灰塵に帰すことが可能である危険な火。多くのクライアントを抱える心理学者(臨床心理士)で、またアーティストでもあるディアナ・Øと、音楽とパフォーマンスアートの融合を図る牧村英里子が、火の持つミステリアスな二面性を余すところなく表現し尽くすコンサートパフォーマンス、「プロメテウスの火」。光と闇、音楽と心理科学が織り成す2人の稀有なコラボレーションをどうぞ体験して頂きたく存じます。みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております!

プロメテウスの火

 

【Date and Time: 日時】
20th of May (Friday) 2016年5月20日(金)
Matine: 昼の部 14:00 (開場: 13:30)
Soirée: 夜の部 19:00 (開場: 18:30)
【Venue: 会場】
SATOM: 音楽ホール & ギャラリー里夢
神戸市灘区曽和町1-4-2-B1
Tel. 078-821-2140
【Artists: 出演】
Diana Ø Tøreløv Møller: ディアナ・Ø

(psychologist, video artist: 心理学者、ビデオアーティスト)
Eriko Makimura: 牧村英里子

(pianist, performer: ピアニスト、パフォーマー)

【Tickets: 入場料】
4,000円 (ドリンク、デザート付)
【チケットお問い合わせ】
mail: 77deadlysins77@gmail.com (牧村)
【Program: プログラム】
F. ショパン: 英雄ポロネーズ、ノクターン、ワルツ、エチュード「革命」
即興: 炎礼讃     他
(全プログラムは早急にアップデート致します。)

✳︎パフォーマンス後、デザートとドリンクを頂きながらのトークタイムを設けております。ディアナ・Øと牧村英里子のヒストリーを是非お楽しみ下さいませ。

 

image

ディアナ・Ø

(Photo: Anna Petri)

 

ディアナ・Ø (心理学者、ビデオアーティスト)】

ディアナ・Øはデンマークの首都コペンハーゲン出身。コペンハーゲン大学で修士号を取得した心理学者(臨床心理士)。また、オーストラリア・シドニーのマッコーリー大学からはディプロマも授与された。修士号取得後、2006年から2008年、デンマーク王立病院 “Rigshospitalet”に勤務。

心理学者として活躍する一方、ディアナ ・Ø はアーティストとしても、徹底したプロフェッショナリズムとその無二の個性で広く認知されており、ビデオアーティスト、コンサートのキュレーター、またパフォーマーとして、ヨーロッパ各国で活動している。

デンマーク・コペンハーゲンのFatamorganaフォトインスティチュート、チェコ・プラハのフィルムスクールでも研鑽を積んだ彼女は、2012年、2013年には「CPH Pix映画祭」に招聘され、北欧で音楽界を牽引するシンガーソングライター、マリー・フィスカーとの音楽ビデオが上映された。

2012年、北欧で最も権威のあるベルゲンの国際映画祭では、音楽ビデオ作品 “Sycamore Feeling” (マリー・フィスカー & Trentemøller)がノミネートを果たす。

また、デンマークのフィルムインスティチュートの協賛を得て、 アーティスト、ヘレーネ・ニューマンとアートビデオを共同作成。

コンサートのキュレーターとしても多大な信を得ており、コペンハーゲンの王立博物館におけるオープニングパフォーマンスを始め、”Dome of Visions”においては、”Dusk till Dark”シリーズを企画し、それらのイヴェントは大変な人気を博した。

パフォーマーとしては、2012年から2015年まで、ヨーロッパで最も急進的かつ実験的なパフォーマンスグループ、”SIGNA”、”Sisters Academy”、”RESTURANG” 等での主要メンバーとして数々のパフォーマンスに携わる。

以上の経歴からも周知の通り、ディアナ・Øはサイコロジストとしての豊富な知識と経験を元に、人の持つ知覚的、多元的要素を芸術世界を通して認識させてゆくという、新しい方法論を展開している稀有なアーティストである。

現在、ベルリンとコペンハーゲンのクリニックで診療にあたると共に、前衛アーティストとしても精力的に活動している。

 

image

牧村英里子

(Photo: Taeko Kasama)

 

牧村英里子 (ピア二スト、パフォーマー)】

兵庫県立長田高等学校卒業。

京都市立芸術大学音楽学部を首席卒業。京都音楽学部賞、京都音楽協会賞受賞。同大学大学院にて修士号取得。在学中、ABCオーディション合格。

その後ドイツへ渡り、ベルリン芸術大学入学。さらに、ハノーファー音楽大学のソロクラスにて研鑽を積む。同大学在学中、第2回室内楽コンクール(イタリア)デュオ部門優勝、ペンデレツキー国際コンクール(ポーランド)部門優勝、総合優勝。第2回ヨーロッパ室内楽コンクール(ドイツ)で優勝。聴衆賞も合わせて受賞。

また、Alban Bergカルテット創始者による、ヨーロッパ室内楽協会(ECMA)の会員試験に合格。ヨーロッパ各都市にてリサイタルを開催。

2010年、デンマークのH.C.アンデルセン縁の地、「Den Collinske Gaard」にてコンサートサロンのディレクターを務める。音楽とパフォーマンスアートを融合させた独自のアートフォーム、「Chamber Cabaret」を確立。

2013年から2015年にかけて、前衛パフォーマンスグループ、「Sisters Academy」のメンバーとなり、国連で開催された「TEDx Copenhagen」に参加。

2016年は、ギリシャでのアートフェスティバルにアーティストとして招聘される他、スウェーデンやデンマーク、マレーシアでもソロリサイタルの開催が予定されている。

現在、コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」を日本とヨーロッパで展開中。2016年7月6日には、Vol.4「高慢編」、また2017年1月28日には、Vol.5「強欲編」を兵庫県立芸術文学センター神戸女学院小ホールにて開催予定。2016年11月にはデンマークにて、「FRÅSERI(飽食)」の4夜連続パフォーマンスが行われる。

また、2017年にはフィルムプロジェクトが開始される。

2016、2017年にはヨーロッパから多くの共演アーティストの来日が決定しており、日欧文化の架け橋となるべく、新しい形のアートフォームを共に生み出し続けている。

WordPress Themes