Posts tagged: Evgeny Kissin

Concert Review Vol.4 “Evgeny Kissin”

L1060387

エフゲニー・キーシンが今年の10月に40歳を迎えると聞き、いささか驚きを禁じえなかった。

永遠の神童という印象が強くて、だからこそ不惑を迎える彼の演奏を今聴かねばならない、とチボリ交響楽団のプログラムに目を通しながら思った。

演奏会当日は既に予定が入ってしまっていたので、せめてリハーサルは聴けないものかと思っていたら、親切な音楽家の友人が粋な計らいを見せてくれたおかげで、コンサートホールのシートにそっと身を滑らせることができた。

キーシンの、見事に縮れたその特徴的な髪型は20年前も今も変わらない。

神童とは、「20歳過ぎればただの人」という、悪意のある、しかし当たらずとも遠からずといった古くからの格言と戦いながらその10代を過ごすのだろうか。

早熟の極致であったランボーは20歳になる前に『地獄の季節』を書き、それから2年後には早くも詩作を放棄。神童の代名詞と言えるモーツァルトも、その35年の短い生涯の中でそろそろ神童というには成長し過ぎた青年期にさしかかる頃、世間が彼に飽き始め、新たな神童に興味の対象が映っていくさまを焦燥感を持ってまざまざ感じたことだろう。

そんな中、キーシンのこの揺るぎの無さというのはどうであろう。2歳でピアノをはじめ、10歳でデビュー、12歳で初のレコーディング。それ以来、今日まで端正なスタイルを崩すことなく、音楽界を牽引し続けている。

彼には、コンクール入賞暦がない。それにも関わらず世界的に大成功を収めている稀有なピアニストである。

音楽家が (良くも悪くも) 腹が据わっているのは、早期の段階からコンクール生活を始め、成功と屈辱の狭間で揉まれ、逞しくなっていく所以というのも主な理由の1つと言えるだろう。

コンクール参加者の年齢上限はどこも大体30歳。それまで、音楽家はしのぎを削りながらレッスンと練習に没頭する。国際コンクールには、各国の音楽エージェントが若きスターとの契約に漕ぎつけようとやってくる。ジャーナリストも、翌日の朝刊の文化欄一面に載せる記事の内容を練りながらプレス用の席にずらりと並ぶ。

あまりの緊張に、舞台で失神するピアニストも出てくるほどだ。3次、4次と続く予選を突破し、セミファイナル・ファイナル・受賞者演奏会と、息つく暇もなく押し寄せるスケジュール。張り出される予選通過者の名前、無言のまま国に帰って行く者、家族への喜びを告げる電話、深いため息、難しい顔をした審査員。コンクール会場は、混沌で満ちている。

(政治色濃い、キナ臭いコンクールも存在すると書くのは蛇足か。)

このサイクルを10代後半から30歳にかけて繰り返してゆく。そして、神経を摩滅させ体の不調に苦しみながら幾つかの受賞暦を残しても、職業的に成功するとは全く保障されていない。どこの世界でもそうだが、音楽界も厳しい。

これがどこの音大・芸大でも見られる学生生活の過ごし方であり、キーシンのような例はごく稀だということを言いたいばかりに話が長くなった。

Kissin_3_(Sheila_Rock)_high_res

(credit Sheila Rock)

私が最後に彼の演奏を聴いたのは、ベルリンフィルでのことだった。その日、確か教授が何かイヴェントを企画していたのだが、「ああ、今日はキーシンが弾くのだな。みんな聴きに行くのだろう。なら延期しよう」と言って、本当に延期してしまった。チケットはもちろん完売だった。

9日(木)の夜、彼はグリーグとショパンの両ピアノ協奏曲を弾く。1晩で2つのコンチェルトというのはかなり珍しいプログラムだ。彼がリハーサルに現れると、ホールの空気がすっと変わる。指揮者がタクトを構えた。オーケストラが息を詰め、ティンパニーが開始を告げた。

水無月の宵をキーシンの美しい手から紡ぎ出される音に包まれて過ごすのは、いささか贅沢に過ぎる。

牧村英里子

コンサート: 6月9日(木) 19時30分開演

http://www.tivoli.dk/composite-7970.htm?id=FA293735C89EF8E5C12575C300294538

WordPress Themes