コンサートパフォーマンス「ときはいま」第1弾 〜明石城人魚之巻〜 フォトギャラリー


IMG_1940
IMG_1924

(宮崎鉄平競り人)

IMG_1939

(仲買人に扮する明石市内5漁協組合長《橋本幹也、戎本裕明、田沼政男、大西賀雄、山本章等各組合長》)

IMG_1926

(生きた何十匹もの鮮魚が次々競られていく)

IMG_1937

(西から漂着した人魚登場。一体これは人なのか魚なのか。仲買人、競りを中断してしばし絶句)

IMG_1966

(たまたま通りかかった明石男児に競り落とされた人魚)

IMG_1936

(陸に上がった人魚、尾の代わりに足が生えていることに気付き、果たして本物かどうかを見極めるため、噛み付いてみた。痛い。感覚がある。本物らしい)

IMG_1965

(そろそろと歩いてみる)

IMG_1943

(見事に晴れ渡った秋空のもと、明石城櫓横で祖国の曲を奏でる人魚)

IMG_1934

(明石の特産物を勧められ、嬉しくも、初めての郷土料理を恐る恐る食す)

IMG_1944

(感謝の思いと共に一曲)

IMG_1942

(ふと我に返る人魚。西への望郷の念)

IMG_1935

(西に坐す渦の神との対話)

IMG_1941

(東にいるべきか、はたまた西へ帰還すべきか)

 

IMG_1931

(人魚には声がない。足を得た代わりに声を喪った。しかし、西への帰還を決めたと同時に、嗚咽に似た歌が漏れた)

 

IMG_1962

(東経135度の地にすっくと立つ)

IMG_1967

(0度か135度か)

IMG_1958

(本来の人魚の姿をあらわす)

IMG_1957

(人魚の舞)

IMG_1956

(法悦のとき)

IMG_1954

(理性などない、生き物そのものの姿)

 

IMG_1955

(この瞬間、頭上を確かに秋鳥が舞った)

IMG_1950

(惑いと迷い)

IMG_1953

(この東の地に属さぬ流れ者、人魚=異人としての仮面を取り去った)

 

 

IMG_1952

(明石男児は男気と優しさで人魚を慰撫したらしい)

IMG_1951

(情愛と許しを得た喜びから、思わず人魚が深海でのみ見せる伝統舞を披露)

IMG_1949

(言葉はなくとも)

 

IMG_1948

(ありがとうは伝わる)

IMG_1946

(人情溢れる東の人々に囲まれて生きていく決意をした人魚。彼女の喉からソプラノの歌声が東の地に響き渡った)

IMG_1945

(最後に感情と技の限りを尽くして演奏)

IMG_1927

(この地で生きていきます)

IMG_1921

(コバルトブルーから薄紅、燃えるような赤紫、そして藍色へと刻々と移ろいゆく秋空の下、満席のお客様と一生忘れられない「とき」を共有させて頂きました。心より感謝申し上げます)

 

(写真提供:アートコレクティブ「ときはいま」)

 

 

No Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes