プロフィール (日本語)

牧村英里子(ピアニスト・パフォーマー)

image

(Photo: Diana Lindhardt)

2歳よりピアノを始める。

兵庫県立長田高等学校出身。京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科を首席卒業。京都音楽学部賞、京都音楽協会賞受賞。同大学大学院にて修士課程修了。在学中、ABC音楽法人による第11回ABC新人オーディション合格。テレビにて演奏が放映される。

その後ドイツへ渡り、ベルリン芸術大学入学。さらに、ハノーファー音楽大学のソロクラスにて研鑽を積む。同大学在学中、第2回室内楽コンクール(イタリア)デュオ部門優勝、ペンデレツキー国際コンクール(ポーランド)部門優勝及び総合優勝。第2回ヨーロッパ室内楽コンクール(ドイツ)で優勝。聴衆賞も合わせて受賞。

また、Alban Bergカルテット創始者による、ヨーロッパ室内楽協会(ECMA)の会員試験に合格。ヨーロッパ各都市にてリサイタルを開催。

image

2010年、デンマークの童話作家、H.C.アンデルセン縁の地「Den Collinske Gaard」にてコンサートサロンのディレクターを務める。音楽とパフォーマンスアートを融合させた独自のアートフォーム「Chamber Cabaret」を確立。

2011年、チャリティーコンサートパフォーマンスシリーズ「Der Räuber und der Printz (王子と泥棒)」をコペンハーゲン国立博物館、「Japanese Chamber Cabaret」をコペンハーゲンIT大学、「CHOTTO」をKunsthal Charlottenborgにて多くのボランティアの支援を得て開催。

2012年、リサイタル「マゾキズムタンゴ」を主催。また、デンマーク国営放送オーケストラ、コペンハーゲンフィルハーモニーのメンバーと室内楽コンサートに出演。

2013年から2015年にかけて、前衛パフォーマンスグループ「Sisters Academy」のメンバーとなり、国連で開催された「TEDx Copenhagen」に参加。また、スウェーデン、マルメのインスティチュート「Inkonst」にて2ヶ月に渡るアートプロジェクトに携わる。

同期間、「Dome of Visions」プロジェクトにて、コペンハーゲンとオーフスでリサイタル「Dusk till Dark (夕暮れから夕闇まで)」、「Dies Irae (怒りの日)」を演奏。

IMG_4592

2016年、ギリシャのアテネで開催された芸術祭にアーティストとして招聘され「FIRE WORSHIP (炎礼讃)」をパフォーマンスした他、スウェーデンやデンマーク、マレーシアでもソロリサイタルに招待された。日本において、デンマーク人の臨床心理士でアーティストのディアナ・Øと「プロメテウスの火」を開催。また、社会人類学の権威、ドン・キューリック教授によるスウェーデンのウプサラ大学新博士課程設立において、グスタビアヌム解剖博物館でのキックオフイベントにて演奏する。

2017年、デンマークのオーフス市が欧州文化都市に選定され、それを受けて2夜連続記念公演に招かれ、「Eriko Makimura presents Concert Performance JAPANESE CHAMBER CABARET 」を演じた。

同年、コペンハーゲンのラウンドタワーでのアート展において「Ultimate Impact」に出演。シアターフェスティバル「コペンハーゲンステージ」で、4夜連続でパフォーマンス。秋にはストックホルムにてコンサートパフォーマンス「JAPANESE CHAMBER CABARET at Julius Hus」が2夜連続で上演された。

現在、コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」を日本とヨーロッパで展開中。2016年11月にはデンマークにて文部省を始め5つの団体から助成を受け、「FRÅDSERI (飽食)」の4夜連続パフォーマンスを開催、多数のメディアに取り上げられる。2017年、同シリーズ「MISUNDELSE (嫉妬)」(日本・デンマーク友好条約150周年記念公式認定イベント)、2018年「VREDE(憤怒)」を演じた。2019年は「DOVENSKAB(怠惰)」をテーマにした公演が予定されている。デンマークでの同シリーズは、2022年まで継続して開催される。

日本では、「憤怒編」「欲望編」「嫉妬編」「高慢編」「怠惰編」に続き、グランドフィナーレVol.7「飽食編」を2018年1月、兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホールにて開催。3年半に渡るシリーズに幕を降ろした。

2017年、「あかし本 (神戸新聞明石総局編」を原案としたコンサートパフォーマンスシリーズ「ときはいま」を始動。同年11月、明石城櫓横にてシリーズ第1弾、〜明石城人魚之巻〜 を発表。2018年3月には、中崎公会堂(兵庫県明石市)にて第2弾、〜明石沖に漂う之巻〜 を上演。6月には第3弾、〜紫陽花咲きやがて橋渡らむ之巻〜 (共催: 日本財団『海と日本プロジェクトinひょうご実行委員会』)、9月には岩屋神社にて第4弾、〜舟漕ぎ出さむと月待てば之巻〜 を開催。2019年1月には神戸新聞松方ホールにて第5弾、〜青の玻璃球子午之巻〜 を開催。日本・海外の文化の架け橋となるべく、地元産業に携わる方々の賛同を得て、アートコレクティブ「ときはいま」と共に邁進している。

2018年、海外・日本で多くの新作を上演。在ドイツ・ノルディック大使館(ベルリン)を始め、欧州の芸術祭にも多数参加。

2019年、芸術と教育の融合プロジェクトがコペンハーゲンで始動。4つの高校合同でのレクチャーパフォーマンスやマスタークラスに招聘された。

 
同年6月30日から7月4日開催予定のアートフェスティバル「Eye Never Sleep」(ポーランド)に招待されている。また、7月10日(水) 19:00より、兵庫県立芸術文化センター小ホールにてピアノリサイタルを開催予定。  
 

神戸新聞ウェブ版NEXTで、コラム【一日一エリコ 〜ピアニスト牧村英里子と世界のヒトビト〜】を連載中。また、神戸新聞「随想」コーナーを2018年9月から12月まで担当した。

また、デンマークにヘッドクウォーターを置くエージェント、「NXT 」のコミュニティに属し、多岐に渡るコラボレーションを行なっている。

 

2019年5月28日、初の明石国際文化交流大使として、明石文化国際創生財団の和田満理事長より委嘱状を拝受。

今後、コンサートパフォーマンス「JAPANESE CHAMBER CABARET」「FIRE WORSHIP」「ときはいま」等のディレクターとして、日本、アジア、ヨーロッパで企画・展開してゆく。

神戸新聞ウェブ版NEXTコラム【一日一エリコ】:https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/essay/sp/P20171026MS00135.shtml 

 

No Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

WordPress Themes