プロフィール (日本語)

牧村英里子(ピアニスト)

image

(Photo: Diana Lindhardt)

兵庫県立長田高等学校出身。

京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科を首席卒業。京都音楽学部賞、京都音楽協会賞受賞。同大学大学院にて修士号取得。在学中、ABCオーディション合格。テレビにて演奏が放映される。

その後ドイツへ渡り、ベルリン芸術大学入学。さらに、ハノーファー音楽大学のソロクラスにて研鑽を積む。同大学在学中、第2回室内楽コンクール(イタリア)デュオ部門優勝、ペンデレツキー国際コンクール(ポーランド)部門優勝及び総合優勝。第2回ヨーロッパ室内楽コンクール(ドイツ)で優勝。聴衆賞も合わせて受賞。

また、Alban Bergカルテット創始者による、ヨーロッパ室内楽協会(ECMA)の会員試験に合格。ヨーロッパ各都市にてリサイタルを開催。

 

image

2010年、デンマークの童話作家、H.C.アンデルセン縁の地「Den Collinske Gaard」にてコンサートサロンのディレクターを務める。音楽とパフォーマンスアートを融合させた独自のアートフォーム「Chamber Cabaret」を確立。

2011年、チャリティーコンサートパフォーマンスシリーズ「Der Räuber und der Printz (王子と泥棒)」をコペンハーゲン国立博物館、「Japanese Chamber Cabaret」をコペンハーゲンIT大学、「CHOTTO」をKunsthal Charlottenborgにて多くのボランティアの支援を得て開催。

2012年、リサイタル「マゾキズムタンゴ」を主催。また、デンマーク国営放送オーケストラ、コペンハーゲンフィルハーモニーのメンバーと室内楽コンサートに出演。

2013年から2015年にかけて、前衛パフォーマンスグループ「Sisters Academy」のメンバーとなり、国連で開催された「TEDx Copenhagen」に参加。また、スウェーデン、マルメのインスティチュート「Inkonst」にて2ヶ月に渡るアートプロジェクトに携わる。

同期間、「Dome of Visions」プロジェクトにて、コペンハーゲンとオーフスでリサイタル「Dusk till Dark (夕暮れから夕闇まで)」、「Dies Irae (怒りの日)」を演奏。これらのパフォーマンスにより、「Wall of Fame」に選ばれた。

IMG_4592

2016年、ギリシャのアテネで開催された芸術祭にアーティストとして招聘され「FIRE WORSHIP (炎礼讃)」をパフォーマンスした他、スウェーデンやデンマーク、マレーシアでもソロリサイタルに招待された。日本において、デンマークの臨床心理士でアーティストのディアナ・Øと「プロメテウスの火」を開催。また、スウェーデンのウプサラ大学新博士課程設立において、グスタビアヌム解剖博物館でのキックオフイベントにて演奏する。

2017年、デンマークのオーフス市が欧州文化都市に選定され、それを受けて二夜連続に招かれ、「Eriko Makimura presents Japanese Chamber Cbatet」を演じる。
同年、コペンハーゲンのラウンドタワーでのアート展において「Ultimate Impact」に出演。「HY! Frstival」にて招聘演奏。シアターフェスティバル「コペンハーゲンステージ」で、4夜連続でパフォーマンス。

 

現在、コンサートパフォーマンスシリーズ「七つの大罪」を日本とヨーロッパで展開中。2016年11月にはデンマークにて文部省を始め5つの団体から助成を受け、「FRÅDSERI (飽食)」の4夜連続パフォーマンスを開催、多数のメディアに取り上げられる。また2017年秋も、同シリーズ「MISUNDELSE (嫉妬)」が予定されている。

日本では、「憤怒編」「欲望編」「嫉妬編」「高慢編」「怠惰編」に続き、Vol.6 「怠惰編」が2017年7月12日(水)、そしてグランドフィナーレVol.7「飽食編」が2018年1月14日(日)、共に兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホールにて開催予定。

今後、コンサートパフォーマンス「Memento Mori」、「FIRE WORSHIP」等のディレクターとして、日本、アジア、ヨーロッパで企画・展開してゆく。

 

 

 

 

No Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes